ラカンを学ぶ

精神分析の理論と実践

科学の諸領域においては,理論と実践とは不可分の相互関係にあります.実践において新たな出来事が見出されれば,それを説明するための理論が立てられます.新たな理論が考案されれば,それを検証するための実践が為されます.そのように,科学においては理論と実践は相互促進的に展開されて行きます.

精神分析においては,しかし,同じようには行きません.なぜなら,精神分析の実践は主体自身の存在にかかわるからであり,しかも,その際,「存在の真理については,それが惹起する不安のゆえに,何も知りたくない」という無知の熱情 ‒ フロイトが「抵抗」と呼んだもの ‒ が働くからです.

その事実に十分に自覚的でない精神分析の理論は,したがって,精神分析の実践を存在の真理から遠ざけてしまうことになります.それが,自我心理学に代表されるフロイト以後の精神分析の諸学派において起きたことです.

ラカンは,精神分析においてかかわる真理に対して目を閉ざしていた精神分析家たちを目覚めさせるために,1951年から彼のセミネールを開始しました.

ラカンの教え全体は,このことに存します:精神分析の実践を純粋に基礎づけること.

「純粋に」は「非経験論的に」ということです.すなわち,生物学や心理学や社会学などの経験科学に一切もとづかずに,精神分析の実践の根拠づけを可能にする基礎を精神分析家たちに与えること.

そのためにラカンが最も根本的なよりどころとしたのは,彼がハイデガーに学んだ存在論です.ただし,それは,通常思念されるような実体論的ないし本質論的な存在論ではありません.我々はそれをこう呼びます:否定存在論 [ l'ontologie apophatique, die apophatische Ontologie ]. なぜなら,言語存在としての存在は,存在欠如 [ manque-à-être ] であるからです.

否定存在論によって基礎づけられてこそ,精神分析は,その本有において,存在の真理の実践的現象学たり得ることができます.すなわち,精神分析の経験において,存在の真理が自身を示現しようとするがままに自己示現してくることが,可能になります.

否定存在論は,人間の実存の構造に関して,形而上学とニヒリズムを越えて根本的に思考する試みです.ですから,精神分析に限らず,人間のあらゆる実践にかかわってきます.なかんずく「生きる」という実践,すなわち「存在する」という実践に.否定存在論は,単なる抽象的な哲学理論ではありません.

存在の真理の実践的現象学としての精神分析は,あくまでひとつの実践です.あなたが自身の実存においてみづから経験するしかない実践です.そして,それ無しに本当の意味で精神分析を学ぶことはできません.

それに対して,ラカンが彼の書とセミネールにおいて我々に教えたことを学ぶということは,如何に彼が精神分析を純粋に基礎づけるために努力し続けたかをたどり直すことに存します.

そして,それは,我々もハイデガーとラカンにならって存在の真理に関して問い続けるためです.できあいの答えが既に用意されているわけではありません.如何に彼らが問い続けたか,彼らがたどった道を我々もみづから歩み,彼らとともにさらに歩み続けましょう.

もし精神分析を専門としない研究者が精神分析に「理論的」な関心を持つことに何らかの意義があるとすれば,それは,もっぱら,ラカンがハイデガーから抽出し得た否定存在論を学ぶことに存します.そして,それによって,やはり,彼らとともに,存在の真理に関してみづから問い続けることができるようになることに存します.

東京ラカン塾精神分析セミネール

東京ラカン塾は,ラカンにならって,一般に公開されたセミネールを行っています.否定存在論と存在の真理の問いはあらゆる人間にかかわることだからです.

原則的にどなたでも参加可能です.事前の申請や登録は必要ありません.参加費は無料です.

開講回数は年間25-30回の予定です.

日時:金曜日,19:30 - 21:00

場所:原則的に文京区民センター(文京区本郷 4-15-4)内の会議室.

ただし,会場の都合により,文京シビックセンター(文京区春日 1-16-21)内の会議室を使用することもあります.

使用する部屋はそのときどきの事情により一定していません.セミネール予定表で御確認ください.

東京ラカン塾精神分析セミネールの日程は,セミネール予定表

東京ラカン塾精神分析セミネールに関するお問い合わせは,Contact

Lacan 読解月例ワークショップ

初学者が Lacan をみづからフランス語原文で読む訓練のため,毎月最終金曜日の東京ラカン塾精神分析セミネールを workshop の形で行います.

毎回,参加者のうち予め指定された 2, 3 人が,Lacan の原文テクストのおよそ一頁分を読むための予習をし,workshop の場で読解を試みます.そして,わたしが適宜,Lacan と精神分析にかかわることだけでなく,フランス語の文法や発音に関しても,初学者向けに解説と助言を加えます.

用いられるテクストは,L'instance de la lettre dans l'inconscient ou la raison depuis Freud [無意識における文字の機関,または,フロィト以来の理性]です.1957年に Sorbonne の講堂で哲学や文学の学生や研究者のために為されたこの講演において,Lacan は,ひとつの言語として構造化されている無意識における文字の構造論的およびトポロジー的機能について改めて論じ,また,有名な métaphore と métonymie の概念を導入しています.Les grands textes de Lacan [ラカンの書のうちで量的にも質的にも特に重要なテクスト]のうちに数え入れられるこの『文字の機関』は,Lacan を学ぶ者にとって必読の書のひとつです.

フランス語原文,および,参考のために,英訳と邦訳のテクストは,こちらから download することができます.

日程については,セミネール予定表を御覧ください.お問い合わせは Contact へ.