精神分析とは何か

精神分析とは何か?
精神分析は 否定存在論にもとづく 存在の真理の実践的現象学である

精神分析とは,その本質において,何か?

臨床心理士が行う「カウンセリング」の一種でしょうか? 精神科医が行う保険診療に数え入れられている「精神分析療法」でしょうか? あるいは,ちまたに流布している「...の精神分析」と題された本や雑誌記事の類で引き合いに出されているような浅薄な心理学理論のひとつでしょうか? いわゆる現代思想や「ポストモダン」の哲学者や社会学者たちの一部がふりかざす机上の空論でしょうか?

日本で一般に精神分析と呼ばれているそれらのものは,本当の意味での精神分析ではありません.実際には,精神分析の名に値するものは日本の社会にいまだに全く根づいていません.

改めて問いましょう.精神分析とは何か? ラカンは1955年の或る論文において精神分析をこう定義しています:「精神分析とは,精神分析家が為すものと人々が期待するところの治療である」.では,精神分析家とは何か? それは,精神分析された者,自身の精神分析の経験をまっとうした者である.

循環論法にしか見えないかもしれないラカンの議論のねらいは,このことに存します:すなわち,精神分析の本質を,寝椅子を用いるとか患者を自由連想法で語らせるとか面接時間は一回50分であるといった外的形式によって規定するのではなく,而して,精神分析されて在る (être psychanalysé) 者である精神分析家の存在の本有の観点から思考すること.

そのような存在論的観点から,こう定義することができます:精神分析は,言語に住まう存在としての人間存在の真理の実践的現象学である

「実践的」と言うのも,ヘーゲルの『精神の現象学』が「思弁的」であるのに対してです.そして,「現象学」と言うとき,それは,ハイデガーが「存在論は現象学としてのみ可能である」と言うときの「現象学」です.

そして,精神分析の純粋な ‒ 非経験論的な ‒ 基礎を成すのが,否定存在論です.否定存在論は,ニヒリズムを超克するためにハイデガーによって問い続けられた存在に関する問いとしての思考です.

そのような観点から見るとき,精神分析家で在ることは,精神分析治療を職業として行うことに存するのではありません.精神分析家は,ひとつの生業の社会学的名称ではありません.而して,「精神分析家で在る」ということは,ひとつの存在論的かつ倫理学的規定です.

それをハイデガーの用語で言うなら:精神分析家は,ひとつの「自有」(Ereignis) である.

自有とは,最も本自的に実存することです.言い換えると,あなた自身の存在があなたに請求してくることにあなたが最も従順であるとき,あなたは自有です.そして,自有は,自由の本質です.

従来の表現では,こう言ってもよいでしょう:精神分析家で在ることは,現代というニヒリズムの時代に生きている我々に可能な「解脱」と「救済」である.

精神分析家の使命

存在の真理の現象学的構造に応じて,精神分析の塾は二重の機能を有します.ひとつは,存在における精神分析にかかわるもの,もうひとつは,存在事象そのもの全体における精神分析にかかわるもの.それらは,ラカンが「内包における精神分析」ならびに「外延における精神分析」と呼ぶものにそれぞれ対応しています.

内包における精神分析,すなわち,存在における精神分析とは,精神分析の実践そのものです.あなたが精神分析を経験する(いわゆる個人分析を受ける)とき,あなた自身の存在が問題になります.それこそが,精神分析の本質です.

他方,外延における精神分析,すなわち,存在事象そのもの全体における精神分析とは,社会において精神分析を現在化するものの総体です.それは,精神分析という名称そのものを始めとして,精神分析に関するあらゆる言説を含みます.

したがって,東京ラカン塾もふたつの機能を果たします.

ひとつは,精神分析の経験の可能性を万人に提供すること,つまり,いわゆる個人分析の求めに応ずることです.それは,あなたが最終的に精神分析家になることを始めから目ざしているか否かにかかわりません.

もうひとつは,フロイト・ハイデガー・ラカンのボロメオ結びに準拠しつつ,精神分析とその主体の存在とに関する問いを展開することを試みるセミネールの実施です.東京ラカン塾のセミネールは原則的に一般公開であり,誰でも参加することができます.

あらゆる人間が精神分析を身をもって経験し,精神分析家に成ること,それが,東京ラカン塾の最終目標です.ただし,先ほども述べたように,精神分析家で在ることは,職業として精神分析を営むことではなく,「最も本自的に実存する」という存在論的かつ倫理的な規定です.